脇の黒ずみ、どう対処する?

トップページ
お気に入りに追加

脇が黒ずむ原因はこんなところにあった!!

wwwwwwwwwwwaakiiiiiii

冬は長めの服装で隠されてしまうため、あまり目立たない脇の下は、なかなか手入れを怠りがちな場所です。

しかし、夏になってノースリーブの服を着たり、電車のつり革などにつかまるなど腕を上げると脇の下はとても目立ちます。脇の下は汗のにおいも気になる場所であるため、なおさら気になってしまうのです。

自分が気にしているほどほかの人は気にしてはいないという話をよく耳にします。しかし、汗のにおいが気になる場所であるだけに周囲の人も気にしている人も多く、思った以上に見られているのも脇の下なのです。

そんな脇の下が黒ずんでいたら周囲からだらしがない人、不潔な人と見られてしまいます。

しっかりメイクも決めてムダ毛を処理しても、脇が黒ずんでいると気分も落ち込んでしまいます。脇が黒ずむ原因を調べて原因に応じた対策をしっかり立てることで、脇の黒ずみを解消させ、気分よくおしゃれを楽しみましょう。

脇が黒ずむ原因は大きく分けて2つ!

脇が黒ずむ原因の一つ目は、メラニン色素の沈着です。肌は紫外線や摩擦などの刺激によるダメージから肌を守るため、メラニン色素を大量に分泌させます。

脇の下はムダ毛処理を行ったり、普段は腕をおろして生活していることから摩擦が非常に多い場所のため、刺激が強く肌の中でも負担が大きい場所です。

また、わきの下は非常にデリケートな部分です。その肌を守るため、太い毛が生えることでそれが刺激となってメラニン色素を分泌してしまうこともあります。

二つ目は皮脂や角質層、汚れなどによる毛穴のつまりです。脇の下は制汗剤や脱毛後のケア用のクリームや保湿剤などを塗ったりする機会が多いため、非常に汚れがたまりやすくなっています。

もともと皮脂や汗の分泌が盛んな場所という条件も加わって、なかなか避けられない原因となっています。

そのため、脇の下への刺激を極力減らし、メラニン色素の生成を抑えること、脇の下の肌トラブルを極力減らし、肌トラブルが治った後の色素沈着を防ぐこと、そしてこまめに脇の下を清潔にし、脇の下に汚れをためておかないことが脇の黒ずみを予防、軽減させる方法として有効です。

また、脇の黒ずみに悩むあまり、短期間でころころとスキンケア用品を変えるのではなく、しばらくは同じものを使用して肌への刺激を最小限に抑えることも大切です。

自分でできる!!脇の黒ずみケア

しっかりメイクもして、おしゃれもして、さあ出かけようと思っていても、わきの下が黒ずんでいると気分が台無しになってしまうことがあります。

体のほかの部分と違ってわきの下はデリケートなうえに、歩くだけで摩擦を受けたり、衣服で摩擦を受けたり蒸れることがあるため、自分が思っている以上に刺激が加わっているものです。

脇が黒ずむ原因は、摩擦などによるメラニン色素の過剰分泌と、脇の下特有の皮脂や汗、角質などのつまりなどを解消させ、きれいな脇の下を目指すことで電車などで吊革につかまる際にそわそわしたり、ノースリーブの服も堂々と着られるようにしたいものです。

脇の黒ずみを解消させるためには、病院での治療もあります。しかし、自分でできるセルフケアもあるため、まずはセルフケアをしばらく試してみて、それで効果が得られなければ病院を受診することをお勧めします。

osyareeeee

黒ずみ予防法と自分でできるセルフケア対策

黒ずみをケアするという観点からまず押さえておきたいのは、予防法です。黒ずみの原因となっているのは、メラニン色素の過剰分泌と、皮脂汚れや角質などによる毛穴のつまりです。そこでまず、脇への刺激を最小限に食い止めることが最大の予防法になります。

下着は自分の体に合ったものを選び、汗をかいたらこまめに着替えるようにします。制汗剤はなるべく肌に優しいものを選び、つける量も最小限度にとどめるなどの工夫を行います。

さらに、脇以外の肌の黒ずみを解消させるのと同じように、食事にも気を配る必要があります。メラニン色素の抑制を防ぎ、美白効果もあるビタミンCや肌のターンオーバーを正常化させるビタミンEなどを積極的に食事で摂取することで、効果的に脇の黒ずみを予防することができます。

また、実際に黒ずみができてしまった場合には、すぐに改善するものではないため、長い期間をかけてじっくりと改善させることが大切です。

まずはなるべくわきに刺激を与えないこと、そして脇の下を清潔にし、優しく石鹸で洗った後は、洗い残しがないようにしっかりゆすぎます。

そして洗い終わった後は保湿用の化粧品でしっかり保湿を行い、肌のバリア機能を高めます。脇専用の黒ずみ対策グッズもありますのでそのようなものを活用するのも良いです。

ただし、わきの下の皮膚は非常にデリケートにできているため、使用してみて刺激やかゆみを感じるようであれば使用を中止してください。